おつきあいのお金と気持ちのつかい方



結婚式やお葬式の受付がスマートに!ご祝儀にも不祝儀にも使える簡易ふくさパープルご祝儀袋付



ご祝儀袋

結婚式ご祝儀書き方

書き方にも注意


結婚式に招待されたら、ご祝儀を用意して
お祝いの気持ちを形にしてあげましょう。

ご祝儀袋の書き方にも注意して、失礼のないように
したいものですね。

ご祝儀袋の書き方は、マナーの本やインターネットで
紹介されているので、参考にしてください。

結婚式のご祝儀袋の表書きは、毛筆、筆ペン、サイン
ペンなどを使用し、毛筆・筆ペンの場合は濃い墨で
楷書体で書くようにします

ボールペンや万年筆で書いたり、使用や仏事のように
薄い墨で書くのは失礼になりますので注意しましょう。

結婚式のご祝儀袋の表書きは、個人名の場合、
水引の結び目中央上に上書きをし、名前は中央下に
フルネームで上書きよりやや小さめに書くようにします。

結婚式に連名でご祝儀を渡す場合は、地位や歳が上の人から
右側に書くようにしましょう。

地位・年齢の関係がない場合は五十音順に書きます。
1枚のご祝儀袋に書く人数は、3名くらいが限度でしょう。

また、結婚式の受付等で混乱することのないように、
ご祝儀袋の中袋にも、氏名・住所・金額を明記するように
注意しましょう。

なお、結婚式のご祝儀袋の中に入れるお金は「新札」が
基本なので、早めに銀行などで交換しておくと安心ですね。