おつきあいのお金と気持ちのつかい方



結婚式やお葬式の受付がスマートに!ご祝儀にも不祝儀にも使える簡易ふくさパープルご祝儀袋付



ご祝儀袋

結婚式ご祝儀の金額は?

夫婦で出席するときには


結婚式に招待された場合に、ご祝儀はいくら包めばよいか
本当に悩んでしまいますね。

おつきあいの程度や上司・部下などの立場で金額が左右される
場合もありますね。

結婚式のご祝儀の金額の目安を考える場合に、披露宴での食事代
プラスお祝い、と考える必要があるので、夫婦で招待された
場合にはさらに迷ってしまうと思います。

結婚式のご祝儀は、基本的にはお祝いの気持ちを表すので
明確なルールはありませんが、やはり夫婦で出席する場合も
失礼のないように考えたいものです。

夫婦なので単純に倍(現在の目安が3万円なので倍の6万円)
と考えられますが、

偶数は割り切れる=別れる、として
結婚式など慶事には使えない数字なので、一般的には5万円を
ご祝儀として包む場合が多いようです。

5万円ではすこし少ないと思われる場合は、プラス1万円分の
品物を贈るとよいでしょう。

ただし、兄弟姉妹の場合は「夫婦で10万円」が結婚式の
ご祝儀の相場の金額であるようです。

夫婦で結婚式に招待されても、どちらかが欠席するケースもありますね。

この場合、直前のキャンセルでなければ、1人分のご祝儀でも
失礼にあたりません。

夫婦で出席する場合のご祝儀の金額、しっかり相場を確認して
失礼のないようにお祝いしてあげたいですね。

結婚式のご祝儀についてでした。

結婚式ご祝儀袋の選び方

袋の選び方


結婚式のご祝儀袋、最近はとてもいろいろな種類があって
選ぶのに悩んでしまいますね。

お店で見かける結婚式用のご祝儀袋は、水引が豪華なものから
水引が印刷されているもの、現代風なオシャレなデザインのもの

などさまざまな種類がありますが、ご祝儀袋を選ぶにあたって
注意すべきなのは、贈る金額とご祝儀袋のバランスです。

基本的には、ご祝儀の金額が高いほど、ご祝儀袋も豪華なものを
選ぶようにします。

あまりご祝儀を包まないのに、とっても立派なご祝儀袋を
結婚式にもっていくと、失礼なことになってしまいます。

ご祝儀袋を選ぶときには十分に注意してください。

ご祝儀袋の商品のセロファン紙にも金額の目安が印刷されて
いることが多いのでチェックするといいですね。

1〜3万円なら300円程度、3〜5万円なら500円程度で
あれば間違いないと思います。

なお、ご祝儀袋の水引の種類には、十分注意してください。
結婚式のご祝儀袋は、結び切りが原則です。

NGなのは、ほどいて又結びなおせる蝶結び。

蝶結びには、何度でもくりかえしてよいという意味が
こめられています。

結婚祝いにやり直しはよくありませんね。

結婚式で大変なマナー違反を犯さないように、ご祝儀袋は
気をつけて購入するようにしましょう。

結婚式ご祝儀書き方

書き方にも注意


結婚式に招待されたら、ご祝儀を用意して
お祝いの気持ちを形にしてあげましょう。

ご祝儀袋の書き方にも注意して、失礼のないように
したいものですね。

ご祝儀袋の書き方は、マナーの本やインターネットで
紹介されているので、参考にしてください。

結婚式のご祝儀袋の表書きは、毛筆、筆ペン、サイン
ペンなどを使用し、毛筆・筆ペンの場合は濃い墨で
楷書体で書くようにします

ボールペンや万年筆で書いたり、使用や仏事のように
薄い墨で書くのは失礼になりますので注意しましょう。

結婚式のご祝儀袋の表書きは、個人名の場合、
水引の結び目中央上に上書きをし、名前は中央下に
フルネームで上書きよりやや小さめに書くようにします。

結婚式に連名でご祝儀を渡す場合は、地位や歳が上の人から
右側に書くようにしましょう。

地位・年齢の関係がない場合は五十音順に書きます。
1枚のご祝儀袋に書く人数は、3名くらいが限度でしょう。

また、結婚式の受付等で混乱することのないように、
ご祝儀袋の中袋にも、氏名・住所・金額を明記するように
注意しましょう。

なお、結婚式のご祝儀袋の中に入れるお金は「新札」が
基本なので、早めに銀行などで交換しておくと安心ですね。

結婚式ご祝儀金額

兄弟姉妹の場合


ずっと一緒に育ってきた兄弟姉妹の結婚。
本当におめでたいことですね。心からのお祝いの気持ちを
ご祝儀で形にあらわしてあげたいものです。

兄弟姉妹の結婚式のご祝儀の金額は、およそ、少なくても
5万円、通常は10万円が相場のようです。

正直懐が痛いところでしょうが、一生に一度のこと、
頑張って奮発してあげてください。

兄弟姉妹は親族として結婚式に参列するため、結婚式では
受付を通らない場合が多いので、ご祝儀は事前に新郎新婦に
渡してあげてもよいですね。

結婚式以外でご祝儀を渡す場合、結婚式より前の日に
渡してあげるのがマナーです。
大安など、日取りのよい日を選んで、ご祝儀を渡して
あげるようにしましょう。

兄弟姉妹だからといって、結婚のご祝儀で、ご祝儀袋を
省略してしまうというのも味気ないものです。

金額に見合ったご祝儀袋を選んで、表書きも一字一字
お祝いの気持ちをこめて書くようにしてあげてください。

もちろん、袱紗を用意して、ちょっと改まって渡して
あげるのも、兄弟姉妹の新たな門出にふさわしいお祝いの
演出であるような気持ちがしますね。

結婚式のご祝儀についてでした。

結婚式ご祝儀相場

気になる相場は・・・?


結婚式に招待されたり、親戚・友人が結婚することに
なった場合のご祝儀の相場、気になりますよね。

周囲がいくらくらい包むんだろうとか、自分だけ
多かったり少なかったりしないかも考えてしまいますね。

失礼にあたらない結婚式のご祝儀の金額の相場は
あらかじめチェックしておくと安心ですね。

結婚式のご祝儀の金額は、お祝いする相手との
付き合いの深さなどで多少違いも出てくるでしょうが、
無理のない範囲でお祝いしてあげたいですね。

昔から割り切れる偶数は慶事には避けられていました。

奇数が基本ということで、結婚式のご祝儀は一般的に
3万円、5万円、などが主流ですね。結婚式のご祝儀では

2万円という金額は、昔は数字が偶数なので割れる(別れる)
といって避けてきましたが、現在では2はペアと考えるように
なり、2万円は一般的になっています。

偶数がNGといっても、8万円は末広がりの意味もあり
結婚式のご祝儀では問題ないようです。また、近親では
10万円を贈る場合もありますね。

ただし「死」や「苦しむ」を連想させる4万円と9万円は
結婚式のご祝儀には避けてください。
結婚式のご祝儀に関連した記事でした。